ヒアルロン酸注入によって起こり得る副作用

ヒアルロン酸をお肌に注入することで、鼻を高くしたり、皮膚のたるみを解消したりすることができます。自力でのスキンケアではうまくいかないけれど、皮膚にメスを入れたくはないと考えている人におすすめです。

ヒアルロン酸注入は手軽に受けられる施術ですが、医療行為である以上、副作用のリスクを気にかける人もいます。では、ヒアルロン酸を注入される際、どんな副作用を警戒する必要があるでしょう。

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので、人体に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。内出血が発生したり、皮膚が腫れてしまったりという副作用が、ヒアルロン酸の注入では起こりえます。皮膚に張り巡らされている毛細血管が、ヒアルロン酸を注入されたことで傷つき、内出血や腫れになりますが、すぐに治癒します。

皮膚にヒアルロン酸を注入すると、その場所だけ盛り上がって、皮膚の自然なふっくら感が出せないということもあります。お肌が不自然にデコボコしている時は、溶解注射でヒアルロン酸を溶かしたり、マッサージでヒアルロン酸をなじませます。

何度もも同じ場所にヒアルロン酸を注入されていると、しこりになる可能性がありまずて、トラブルか起きないように注意してください。

血管が圧迫されることで血流障害が起こる可能性があります。

ヒアルロン酸の注入はリスクはそれほど高くありませんが、副作用があらわれる場合もありますので、事前に気をつけるべき点について調べておくといいでしよう。